税金を納付していない場合

ImgTop5.jpg

法人税・消費税・地方税などの税金を納付せず滞納させてしまった場合、
次のようなペナルティが発生することがあります。

 

(1)滞納した分の延滞税が課される

(2)銀行借入等融資が受けられなくなる

job_teacher_man.png

(1)税金を延滞した場合の延滞税

税金を滞納すると、滞納分に対して利子が課され、その利子のことを「延滞税」などと呼んでいます。

延滞税の利率は最高で年14.6%にもなります。

国税の延滞は、法律で常に他の債務よりも優先して取り立てられることが定められていますので、真っ先に差し押さえられることになります。

 

 

(2)融資を受ける際には、納税証明書を提出する必要がある

融資を受けようとする際には、納税証明書の提出が求められます。
そこで税金に滞納があることが分かると融資を断られてしまうのです。


資金繰りが苦しくて税金を支払わなかったために、ますます資金繰りが厳しくなる・・・
という悪循環にはまってしまうことにもなりかねませんので、くれぐれもご注意ください。


サービスに関するご質問・お見積もりは無料です!

ImgTop20.jpg

TOP 初回無料相談 事務所案内 代表挨拶
税理士紹介 スタッフ紹介 お客様の声 アクセスマップ

/
相続
事業承継
医療会計
FP
経営計画
会社設立
資金繰り
資金繰り
資金繰り
コンサルティング