法人税申告をしていない場合

ImgTop5.jpg

法人税の申告書を提出しない場合、
次のようなペナルティを課される場合があります。

 

(1)無申告加算税が課される

(2)青色申告の承認が取り消される

job_teacher_man.png

(1)提出期限に1日でも遅れると無申告加算税が課されます!

法人税・消費税・住民税・事業税の申告書は、1日でも提出が遅れると原則として無申告加算税の対象となります。

無申告加算税はその状況により幅がありますが、本来納める税額の5~20%分の加算税の納付義務を受けることになります。

 

 

(2)青色申告の承認が取り消される

2期連続して法人税申告書を期限内に提出しなかった場合、青色申告の承認が取り消されます。これは、決算申告を提出しなかったペナルティとしては、無申告加算税よりも重い制裁といえます。

青色申告取消のデメリット

●黒字と赤字の相殺ができなくなる(利益が出た場合の税額負担が重たくなる)
●10~30万円の備品を経費で購入した場合の一括費用処理ができなくなる(経費購入した場合の税負担が重くなる)
引当金の計上ができなくなる(節税がしにくくなる)


サービスに関するご質問・お見積もりは無料です!

ImgTop20.jpg

TOP 初回無料相談 事務所案内 代表挨拶
税理士紹介 スタッフ紹介 お客様の声 アクセスマップ

/
相続
事業承継
医療会計
FP
経営計画
会社設立
資金繰り
資金繰り
資金繰り
コンサルティング