生命保険の見直し法

現状の問題点から生命保険の見直しを行うことが可能です。

具体的な判断については、ぜひご相談ください。
 

1.保障が不足している時

中途増額制度の活用

現在の補償額を増額する。
 

追加加入

現在の保険はそのまま継続し、不足分は別の保険に加入する。
 

契約転換制度の活用

現在の保険を取り消してもらって、新しい保険に変える。
 

解約・新規加入

現在の保険を解約して、新しい保険に加入し直す。

 

2.保障額が多すぎる・保険料の負担を減らしたい

中途減額制度

現在加入している保険の保険金を一部解約して減額する。
 

払済保険

保険料の払い込みを中止し、その時点での解約返戻金をもとに、死亡保険金の小さい保険に変更する。
 

延長保険

保険料の払い込みを中止し、その時点での解約返戻金をもとに保険期間の短い保険に変更する。
 

解約

多数の保険に加入しているときは、そのうちの何本かを解約する。
 

3.老後の死亡保障を充実させたい

保険の組み替え

定期付終身保険の終身保険と定期保険特約を組み替えて、終身保険の保険金額を増減する。
 

新規加入

終身保険に新規加入する。
 

新規加入

定期保険に新規加入する。
 

特約の付加

年金保険に定期保険特約を付ける。
 

4.老後の資金を確保したい

契約転換制度の活用

現在の保険を下取りしてもらって個人年金保険に転換する。
 

年金移行プランの活用

養老保険、終身保険、定期付終身保険の年金プランを活用する。
 

解約・新規加入

現在の保険を解約して個人年金保険に加入する。
 

新規加入

現在の保険は継続し、別に個人年金保険に加入する。

サービスに関するご質問・お見積もりは無料です!

ImgTop20.jpg

TOP 初回無料相談 事務所案内 代表挨拶
税理士紹介 スタッフ紹介 お客様の声 アクセスマップ

/
相続
事業承継
医療会計
FP
経営計画
会社設立
資金繰り
資金繰り
資金繰り
コンサルティング