生活に必要な資金と余裕資産に仕分ける

ポートフォリオの作成は、所有する資金を大きく「生活資金」「使用予定資金」「余裕資金」の3つに分類することから始めます。

 

【1】生活資金

けがや病気など、いざというときの資金です。
生活費の3か月分くらいを目処に、換金性の高い
総合口座などで運用します。

seikatsu.png

【2】使用予定資金

一番重要なのがこの資金です。
家族一人一人の”夢”や生活設計、計画案を書き込みます。
今後10
年以内に使用する予定資金です。

 

【3】余裕資金

生活資金・使用予定資金以外の残された資金です。
確実性の高い金融商品をベースに、リスク商品の組み入れ比率を考えて運用します。



サービスに関するご質問・お見積もりは無料です!

ImgTop20.jpg

TOP 初回無料相談 事務所案内 代表挨拶
税理士紹介 スタッフ紹介 お客様の声 アクセスマップ

/
相続
事業承継
医療会計
FP
経営計画
会社設立
資金繰り
資金繰り
資金繰り
コンサルティング